FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10月31日(土)
おおつき公園で『花炭作り』のワークショップを行いました。
ふくしま園芸療法研究会の記念すべき第一回めのワークショップです。
風は冷たいけれどお天気に恵まれました。

    042_convert_20151101213155.jpg

皆さんが集まる前に缶に材料の準備です。
これは缶に空気穴を開けているところです。
今回、花炭の指導にフォレストパークあだたらから『森の案内人』の方たちが来てくださいました。
参加者は19名。
さあ、活動開始です。

    054_convert_20151101213530.jpg
    059_convert_20151101213617.jpg

みんなで材料を選びます。

    051_convert_20151101213447.jpg
    049_convert_20151101213400.jpg

もみ殻を敷いた上に材料を並べ、上からももみ殻をかぶせます。
    057_convert_20151101213651.jpg
針金できっちりふたをして
    060_convert_20151101222005.jpg
火にかけます。今回はカセットコンロです。
出来上がりまでの間、新聞を使ったバック作り・・出来上がった花炭を持ち帰るための袋です。
    061_convert_20151101213813.jpg
            かわいいバックができました。
             065_convert_20151101214320.jpg

こちらでは森の案内人さんの指導で木の玩具作りです。
    063_convert_20151101214208.jpg
楽しそうですね~

    069_convert_20151101214400.jpg
あったかい豚汁も出来上がりました。冷えた体を温めましょう。


さあ、できあがり!
     072_convert_20151101214443.jpg
どんな具合でしょう
            073_convert_20151101214603.jpg
 花炭は材料の大きさや乾き具合、またもみ殻の状態によって出来上がりの時間や出来具合が変わってきます。
 加熱時間が長すぎて炭化してしまったり、ムラになったり・・・
 それらも含めて花炭作りはわくわく・ドキドキで、缶のふたを開けるたびに歓声があがっていました。
 出来上がった花炭をかわいい新聞バックに入れてお持ち帰りいただきました。

            039_convert_20151101213035.jpg

  『そよ風の丘』で収穫した千日紅のブーケ、自分の菜園で採れたハーブティーなどお土産に準備しました。
  『そよ風の丘』への募金にもご協力いただきありがとうございました。
  参加者のみなさんの笑顔に大きな力をいただいて、また次の活動につなげていきたいと思います。

                                                       石沢
スポンサーサイト
2015.11.01 / Top↑
Secret

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。